同僚が体を悪くしたみたいで、医者に禁煙をすすめられたと落ち込んでいました。唯一の趣味がタバコだと知っていたので、落ち込んでいる姿を見るのはつらく何とかしてあげたいなと思っていました。そして禁煙についての本を見たり、情報を集めたりしているととても人気がある電子タバコを見つけたので、一つ買い同僚にあげました。始めは興味が無さそうで、嬉しくない顔をしていましたが、同僚も体の事が気になるみたいで、家に帰ってから試してくれた様です。その1か月後に会った時に、とても感謝されたので、状況を聞くと電子タバコのおかげでタバコがやめれたそうです。ヘビースモーカーだったのでやめれるとは思わなかったので、その言葉を聞いた時はとても感動しました。そしていい物をプレゼントしてあげれたのかなと思って、その日は1日中嬉しかったです。

電子タバコは紙巻タバコに比べ有害性は低い

電子タバコはアトマイザーという細い管の中で、リキッドと言われる香りをつけた液体を、煙り(水蒸気)にして吸引する方法です。香りにはアップル味など様々な種類があり、欧米で流行しつつあります。タバコの匂いや歯に付くヤニなどが気になるので、タバコはやめたいでも、健康に気を使いつつオシャレに吸いたいという要望に応えた商品です。健康に害のあるニコチンやタールは一切含まれていません。たばこを吸う人の隣の人に影響が出ると、言われている副流煙も発生しません。なかなか達成できない禁煙を、この電子タバコを使ってタバコの本数を劇的に減らしたり、100%成功した人も多く見受けられます。日本でのブームはまだまだ先のようですが、オシャレに嗜好品として楽しみたいとするヨーロッパでは流行の兆しが見えてきています。禁煙を実行したけど、何度も失敗している人は、試す価値ありです。

本当に禁煙するなら電子タバコ。

喫煙者にとって、一度吸い始めると中々辞めることが出来ないタバコですが、多くの人が知るように、体に悪く、見えないところでどんどん体内をボロボロにしていきます。近年日本でも、タバコの税金は上昇しており、1000円代になるとまで噂があります。本当は辞めたいけれど、ニコチン依存症になるとすぐに禁煙するのは困難です。そんな時に、電子タバコは、タールやニコチンではなく、水蒸気を吸い込むので、体に害も少なく済みますし、つい癖で、タバコを手にとってしまう人は変わりに、電子タバコを咥えることで、少し気が紛れることもあるので、禁煙することが可能になります。案外本当のニコチン依存症の人は少なく、いつも癖でタバコを手に取る方も多いようなので、変わりのものがあれば、イライラもなく、すんなり辞めてしまえる方も多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*